IDE, 연재 Eclipse를 사용하자! 제1회 Open Source인 Eclipse는 업무에 뛰어난 개발환경

목적: Eclipse의 이해

오역(誤訳): 방석구

連載 Eclipseを使おう! (1)
연재 Eclipse를 사용하자! (1)

第1回オープンソースのEclipseは仕事に使える開発環境
제1회 Open Source인 Eclipse는 업무에 뛰어난 개발환경

山口卓也(NTTデータ ビジネス開発事業本部)
야마구치 타쿠야(山口卓也) NTT데이터 Business 개발사업본부

岡本隆史(NTTデータ 技術開発本部)
오카모토 타카시(岡本隆史) NTT데이터 기술개발본부

2002/12/19

 本記事は2002年に執筆されたものです。最新の情報(2005年7月時点)は「Eclipse 3.1を使おう」をご参照(さんしょう)ください。
 본 기사는 2002년에 집필한 것입니다. 최신의 정보(2005년 7월 시점)는 「Eclipse 3.1을 사용하자」를 참조해주세요.


連載のはじめに
연재를 시작하면서


 最近、あちこちの雑誌などで、オープンソースでフリーのIDE(統合開発環境)、「Eclipse」の文字を見掛けるようになりました。初めから Javaの開発環境が同梱されていることから、フリーのJava IDEという認識も多いようです。 無料で使えるJava IDEには、ほかにも、オープンソースとして開発された「NetBeans」や、それをベースとしたサン・マイクロシステムズ社の「Sun ONE Studio(旧Forte for Java)」などが存在します。しかし、Eclipseのインパクトの強さは頭一つ抜け出ている感じがあります。
 최근, 여기저기의 잡지 등에서, Open Source이자 Free인 IDE(통합개발환경), 「Eclipse」의 글자를 보게 되었습니다. 처음부터 Java 개발환경이 포함되어있었기 때문에, Free인 Java IDE라는 인식도 많은 것 같습니다. 무료로 사용하는 Java IDE에는 그 외에도, Open Source로서 개발되는 「NetBeans」나, 그것을 Base로 한 Sun Microsystems사(社)의「Sun ONE Studio(구 Forte for Java)」등이 존재합니다. 그러나, Eclipse Impact의 강함은 갈증을 해갈하는 느낌이 있습니다.

 本連載は、Eclipseのセットアップと基本操作、プラグインの活用にわたって紹介していきます。なぜ、いまこれほどまでにEclipseが騒がれているのか、実際の現場での活用方法も織り交ぜてその理由を解明していき、その素晴らしさを、読者の方にも体験していただきたいと思います。
 본 연재는 Eclipse의 Setup과 기본조작, 그리고 Plug-in의 활용에 걸쳐 소개해갈 것입니다. 왜, 지금 이렇게까지 Eclipse가 떠들썩한 것인지, 실제 현장에서의 활용방법도 섞어서 그 이유를 설명하고, 그 굉장함을 독자에게도 체험해 보실 수 있도록 할 생각입니다.


Eclipseとは何か?
Eclipse란 무엇인가?



 Eclipseは、もともとIBMが自社のアプリケーション・サーバ用の開発環境として1999年4月に開発を開始したものですが、2001年 11月にオープンソースコミュニティにソースが寄付され、Eclipseプロジェクト(http://www.eclipse.org)で開発が続けられています。当時、「IBMからのソースの寄付は4000万ドル相当」と報道されたことは、記憶に新しいところでしょう(*1)。原稿執筆時(2002年 12月)では安定版として2.0.2がリリースされています。概要については、Java Solutionフォーラムの記事に簡単な紹介が載っていますので、ご覧ください(*2)。最近のニュースでは、Oracleも参入を発表するなど、ベンダの注目も集めつつあるようです(*3)。
 Eclipse는, 원래 IBM이 자사(自社)의 Application ・ Server용 개발환경으로서, 1999년 4월에 개발하기 시작했었습니다. 그러던 것이, 2001년 11월 Open Source Community에 Source가 기부되어, Eclipse Project(http://www.eclipse.org)에서 개발이 계속되고 있습니다. 당시, 「IBM에서 기부한 Source는 4000만 달러 상당」이라고 보도된 것이, (*1)새삼 떠오릅니다. 원고 집필시(2002년 12월)에는 안정판(安定版)으로서 버전 2.0.2가 Release되고 있습니다. 개요는, Java Solution Forum의 기사에 간단히 소개가 되고 있기 때문에, (*2)이쪽을 참조하세요. 최근 뉴스에서는, Oracle도 참가를 발표하는 등, (*3)Vender의 주목도 모으고 있는 것 같습니다.


開発者のニーズに応じて柔軟に活用できる
개발자의 필요에 따라 유연하게 활용할 수 있다



 Eclipseの特徴はいくつもありますが、筆者は以下の4つがポイントであると考えています。
 Eclipse의 특징은 많이 있습니다만, 필자는 이하의 4개가 포인트라고 생각하고 있습니다.

(1) 製品版IDEと同等の充実した開発機能
(2) プラグイン・アーキテクチャ
(3) 動作の速さ、充実したヘルプ
(4) 柔軟なライセンス内容

(1) 상용판(商用版) IDE에 견줄 충실한 개발기능
(2) Plug-in ・ Architecture
(3) 빠른 동작, 충실한 도움말
(4) 유연한 License내용

以下に、それぞれについて説明しましょう。
아래에서, 각 항목마다 설명해봅시다.

(1) 製品版IDEと同等の充実した開発機能
(1) 상용판(商用版) IDE에 견줄 충실한 개발기능

 コード生成(補完)機能、ステップ実行によるデバッグ機能、検索機能、ビルド、テスト機能など、IDEに必要な機能はほぼ網羅されています。さらに、コードのリファクタリング機能、バージョン管理システムCVSとの連携機能など、至れり尽くせりの環境がそろっています。
 code생성(보완)기능, step실행에 의한 debug기능. 검색기능, build-up, test기능 등, IDE에 필요한 기능은 거의 망라하고 있습니다. 더욱이, code의 refactoring기능, version관리 system CVS와의 연계기능 등, 완벽한 환경을 구비하고 있습니다.

(2) プラグイン・アーキテクチャ
(2) Plug-in ・ Architecture

 冒頭に述べたように、EclipseはJava開発環境のイメージがありますが、実際には、それはEclipseの機能の一部でしかありません。 Java開発環境が「機能」と表現されることに違和感がある方もいらっしゃるかもしれませんが、これは、Eclipseの特徴の1つであるプラグイン機能を使って実現されているものになります。
 모두에게 말한 것처럼, Eclipse는 Java개발환경의 이미지가 있습니다만, 실제로, 그것은 Eclipse 기능의 일부에 지나지 않습니다. Java개발환경을 「기능」이라고 표현하는 것에 위화감을 가지는 분도 계실지 모르지만, 그것은, Eclipse의 특징 중 하나인 plug-in기능을 사용해 실현되고 있는 것이 됩니다.

 Javaの開発環境は、JDT(Java Development Tool)プラグインとして初めから提供されています。ほかにも、C/C++プラグインや、PHPプラグインなどを導入することで、各種言語の開発環境になります。開発言語にとどまらず、XMLエディタ、データベースメンテナンス用のプラグインなども存在するため、それらを導入することで、多彩な開発作業環境を自由に構築することが可能になっています。
 Java 개발환경은, JDT(Java Development Tool) Plug-in으로서 처음부터 제공되고 있습니다. 그 외에도, C/C++ plug-in이나, PHP plug-in 등을 도입함으로써, 각종언어의 개발환경이 됩니다. 개발언어에 머무르지 않고, XML editor, Database 유지보수용의 plug-in 등도 존재하기 때문에, 그것들을 도입하는 것으로, 다채로운 개발작업환경을 자유롭게 구축하는 것이 가능하게 됩니다.

 また、欲しいプラグインがなければ、自分で作ることができる環境(Plug-in Development Environment)も存在するため、パワーユーザーにとっては魅力的です。プラグインはJavaを用いて開発します。作り方については後述するヘルプに詳細な記述があります。
 또한, 필요한 plug-in이 없으면, 스스로 만드는 것이 가능한 환경(Plug-in Development Environment)도 존재하기 때문에, Power User에게는 매력적입니다. Plug-in은 Java를 사용해서 개발합니다. 작성법에 대해서는 뒤에서 설명하는 도움말에 상세한 기술이 있습니다.

 なお、現在開発されているプラグインの情報を集めて公開しているサイトもありますので、興味があればのぞいてみてください(*4)。
 또한, 현재 개발되고 있는 plug-in의 정보를 모아서 공개하고 있는 사이트도 있기 때문에, (*4)흥미가 있으면 확인해보세요.

(3) 動作の速さ、充実したヘルプ
(3) 빠른 동작, 충실한 도움말

 Eclipseは、独自のネイティブコンポーネントSWT(Standard Widget Toolkit)を利用しているため、Swingを利用したGUIを使っているIDEより、かなり軽快に動作します。また、充実したヘルプが付属しているほか、日本語化キットで日本語になるため非常に重宝します。
 Eclipse는 독자적인 Native Component SWT(Standard Widget Toolkit)를 이용하고 있기 때문에, Swing을 이용한 GUI를 사용하고 있는 IDE보다, 상당히 경쾌하게 동작합니다. 또한, 충실한 도움말이 포함 되어있는 것 외에, 일본어(日本語) kit로 일본어(日本語)를 사용할 수 있기 때문에 비상시에 유용합니다.

(4) 柔軟なライセンス内容
(4) 유연한 License내용

 Eclipseは、CPL(Common Public License)と呼ばれるライセンスで配布されています。これは、以前IBMが利用していたIPL(IBM Public License)を、一般的に利用できるように書き直したライセンスで、OSI(Open Source Initiative)にも、オープンソースライセンスであると認定されています。
 Eclipse는, CPL(Common Public License)이라 일컫는 License로 배포되고 있습니다. 그것은, 이전 IBM이 이용하고 있던 IPL(IBM Public License)를, 일반적으로 사용 가능하도록 갱신한 License로, OSI(Open Source Initiative)에도, Open Source License라고 인정돼 있습니다.

 このCPLは、LGPL(GNU Lesser Gereral Public License)と似た形式を取っており、Eclipse自身を改造した場合はその部分のコードを公開する必要がありますが、プラグインとして機能追加を行う場合は、プラグインの部分のソースを公開する必要はなく、ライセンス上の制限(商用利用不可など)もありません。そのため、IBMはもちろんのこと、 Rational、QNX など、さまざまなベンダからEclipseに独自のプラグインを追加した商用の開発ツールが出ています。
 이 CPL은, LGPL(GNU Lesser General Public License)과 닮은 형식을 취하고 있어, Eclipse 자체를 개조한 경우는 그 부분의 code를 공개 할 필요가 있습니다만, plug-in으로서 기능을 추가한 경우는 plug-in의 부분 code를 공개할 필요는 없고, License상의 제한(상용이용가능 등)도 없습니다. 이 때문에, IBM은 물론이거니와, Rational, QNX 등, 여러 Vender로 부터 Eclipse에 독자적인 plug-in을 추가한 상용개발 툴이 나와있습니다.

 また、製品開発者は、第三者に特許侵害を主張されたとしても、それに対する一切の責任を放棄している、といった特許に対する免責事項が含まれていることにも注目すべきでしょう。
 또한, 제품 개발자(開発者)는 제3자에게 특허침해(特許侵害)를 주장 당한다 해도, 그것에 대한 일절의 책임을 방기한다는, 특허에 대한 면책사항(免責事項)이 포함되는 것에도 주목해야겠지요.

 このように、さまざまな長所を備えたIDEのように見えますが、現状では、「GUIビルダが付属していない」「J2EEアプリケーションの開発支援ツールが付いていない」といった短所も挙げられます。しかし、これらを可能にするオープンソースのツールも出始めていますので、近いうちにこれらも欠点とはならなくなるでしょう。
 이처럼, 다양한 장점을 갖춘 IDE처럼 보이지만, 현재상황에서는「GUI Builder가 포함되어있지 않다」「J2EE Application의 개발지원이 뒤따르지 않는다」라는 단점도 거론되고 있습니다. 그러나, 그것들을 가능하게 하는 Open Source tool도 출시하고 있기 때문에, 근자에 이런 결점들도 사라지겠죠.


実際にダウンロードして使ってみよう!
실제로 다운로드(Download)해서 사용해보자!



 さて、長い前置きはこのくらいにして、早速動作させてみようと思います。Eclipseを動作させるには、バージョン1.3.0以上のJava実行環境が必要になるので、前もってインストールしておきます。
 이제, 서론은 이 정도로 하고, 조속히 이용해봅시다. Eclipse를 동작하는 것에는, Version1.3.0 이상의 Java실행환경이 요구되기 때문에, 앞서 Install해두겠습니다.

 準備ができたら、ダウンロードページ(http://www.eclipse.org/downloads/index.php)を開き「Latest Release」の中から最新バージョン(執筆時は2.0.2)をクリックして、「Eclipse SDK」の中から、自分の使うプラットフォームに合うものをダウンロードします(これ以降の説明はWindowsを前提とします)。
 준비가 되었으면, 다운로드 페이지 (http://www.eclipse.org/downloads/index.php)를 열어서 「Latest Release」중에서 최신 Version을 클릭하고, 「Eclipse SDK」가운데에서, 자신이 사용하는 Platform에 맞는 것을 다운로드 합니다.(이 이후의 설명은 Windows를 전제하고 있습니다)

 同時にメニューやヘルプを日本語化するために、先ほどのダウンロードページから「2.0.1」をクリックし、「Eclipse SDK Translations」から、「NLS-SDK-2.0.1-Translations.zip」(国際化キット)をダウンロードします。
 동시에 Menu나 도움말을 일본어(日本語)화하기 위해서, 좀 전의 다운로드 페이지에서 「2.0.1」을 클릭해, 「Eclipse SDK Translations」로부터, 「NLS-SDK-2.0.1-Translations.zip」(국제화(国際化) Kit)을 다운로드 합니다.

 インストール自体は、ダウンロードしたファイルを解凍して、適当な場所に配置するだけで完了します。「eclipse-SDK- 2.0.2-***.zip」を解凍し、続いて国際化キットを解凍し(Windowsならば自動的に上書き追加される)、インストールしたい場所にフォルダごと移動して(例えば、C:\Eclipse)、最後にeclipseを実行することで、インストールが完全に終了し、Eclipseが起動します。
 Install 자체는, 다운로드한 file를 압축해제하고, 적당한 장소에 이동하는 것만으로 끝납니다. 「eclipse-SDK-2.0.2-***.zip」를 압축해제 하고, 이어서 국제화(国際化) Kit를 압축해제 해(Windows라면 자동적으로 Overwrite됩니다), Install하고 싶은 장소로 folder를 이동하고(예를 들어, C:\Eclipse), 마지막으로 Eclipse를 실행하는 것으로, install이 완전히 끝납니다. 이제, Eclipse를 기동합니다.

 なお、国際化キットは、「Windowsのみでテストされている」という記述がありますが、Linuxでも、Windowsの場合と同様、ディレクトリをそのまま上書きするだけで、メニューやヘルプが日本語化されます。
 아직, 국제화(国際化) Kit는, 「Windows만 Test되어있다」라는 기술이 있습니다만, Linux라도, Windows와 다름없이, Directory를 그대로 Overwrite하는 것만으로, Menu나 도움말이 일본어(日本語)화됩니다.


簡単な操作をしてみる
간단한 조작을 해보자


 さて、Eclipseが起動したら、まず、これから作成するプログラムや設定などの管理の単位であるプロジェクトを作成します。以下のようにしてください。
 그럼, Eclipse가 기동되었다면, 첫째로, 이제부터 개발하는 Program이나 설정 등의 관리 단위인 Project를 작성합니다. 아래처럼 해주세요.

1. メニューバーの左上から、「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」を選択します
1. Menu Bar의 좌상에서, 「File」→「신규」→「Project」를 선택합니다.

2. 起動された新規プロジェクトウィザードの左画面で「Java」が選択されていることを確認します。次に、右画面で「Javaプロジェクト」を選択して、「次へ」をクリックします
2. 기동된 신규 Project Wizard의 좌측화면에서 「Java」가 선택된 것을 확인합니다. 그리고 나서 우측화면에서 「Java Project」를 선택해, 「다음」을 클릭합니다.

3. 「プロジェクト名」に適当なプロジェクトの名称を入力します。今回は、 定石である「Hello World」を入力します。プロジェクトのデフォルトの保存場所が指定されていますが、「デフォルトの使用」のチェックを外すことで、 別な場所に変更することも可能です
3. 「Project명」에 적당한 Project의 명칭을 입력합니다. 이번에는 정석인 「Hello World」를 입력합니다. Project의 Default 저장장소가 지정되어있지만, 「Default 사용」Check를 지워서, 별도의 장소로 변경도 가능합니다.

4. 「終了」をクリックします
4. 「종료」를 클릭합니다.

주(注): 원문인 連載 Eclipseを使おう!의 1페이지와 2페이지를 합쳐서 번역 및 배포했으며, 2페이지의 일본어화 부분은 그다지 필요가 없다고 생각하여 제외 하였습니다.

원문 출처
@IT Java Solution

Leave a Reply